遺伝子情報を医療機関などで
連携できるようになりました。

遺伝子情報に基づいたパーソナルなサービスが
手軽に受けられるようになります。

※連携機能はご自身の同意なくデータが連携されることはございません。

薬局連携

薬局で活用できる機能です。
お薬の効果や副作用に関するお悩みを、解決できる可能性が高まります。

GeneLink

医療機関、健康組合、フィットネス、美容クリニックなどで、活用できる機能です。
様々なサービスを受けることができます。

データ連携とは

遺伝子解析結果の一部を、医療機関、薬局、健康組合、
フィットネスクラブ、美容クリニックなどで連携できる機能です。
各提携施設で、遺伝子情報に基づいた、医療、トレーニング、美容、服薬指導などの
サービスが受けられるようになります。

※連携機能はご自身の同意なくデータが連携されることはございません。

連携先で提供が想定される主なサービス

トレーニング服薬指導ダイエット
保険サービス食事指導エステ・美容

連携の種類

薬局連携

処方箋薬局・ドラッグストアにてご利用いただけます。
薬剤師による遺伝子情報(CYP)とお薬の照らし合わせが可能になり、お薬の効果や副作用に関するお悩みを、解決できる可能性が高まります。
一度連携すれば、同じ店舗に限り再提示不要でサービスを受けられます。

GeneLink

医療機関、健康組合、フィットネス、美容クリニックなど様々な提携先で連携することが可能です。
連携するデータは、事前に指定された期限を過ぎると、自動的に連携が停止され、連携先にデータが残りません。

提携希望の企業様へ

GeneLinkをご導入いただける企業・店舗様を募集しております。

このページの先頭へ