健康リスク

猫アレルギー

猫アレルギーの発症と遺伝子の関連に関する項目です。

データの信頼性 4
アジア系集団での研究 なし

※リスクが高くても必ず発症するわけではありません。また、リスクが低くても発症する可能性がないと断定するものではありません。新しい研究成果が報告された場合、結果が変わる可能性があります。


猫アレルギーとは?

猫の体毛やふけなどのタンパク質によって引き起こされる、通年性アレルギーのひとつです。
くしゃみや鼻水などのアレルギー性鼻炎や、目がかゆくなる、眼が赤くなる、瞼が腫れるなどのアレルギー性結膜炎の症状がよく知られています。
平成29年に行われた 全国犬猫飼育実態調査結果 (一般社団法人ペットフード協会) では、国内の犬の飼育頭数は892万頭、猫は952万6000頭と報告されています。また、犬の飼育頭数が年々減少傾向にあるのに対し、猫の飼育頭数はほぼ変わらないという結果もあり、猫の人気の高さが伺えますが、それゆえにペットアレルギーの中でも猫アレルギーはメジャーな疾患であるともいえます。

アレルギーと遺伝子型の関連研究から、猫アレルギーについても、発症と特に関連の高い遺伝子型が見つかっています。
この項目は、遺伝的な体質における、猫アレルギーの発症傾向についての情報です。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
猫アレルギーの項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ