アルコール
結果サンプル

2つのアルコール代謝関連酵素の遺伝子型から、二日酔い、アルコール依存症や疾病等の健康リスクがわかります。
アルコール代謝関連酵素の遺伝子型を知ることで、自分の体質やアルコール関連疾患への危険性を理解し、
疾病予防に役立てることができます。

アルコール体質結果アルコール体質結果
医師監修 お酒の教養医師監修 お酒の教養
飲酒習慣スクリーニングテスト飲酒習慣スクリーニングテスト

ジーンクエスト ALLをお申込みいただくと、結果をご覧いただけます。

アルコール体質の解析でわかること

お酒の強さや健康への影響など、5つに分類されたアルコールタイプ、「顔の赤くなりやすさ」「二日酔い」「アルコール依存症」「悪酔いしやすさ」に対して、どのような特徴があるのかがわかります。
アルコール代謝関連酵素の遺伝子型を知ることで、自分の体質やアルコール関連疾患への危険性を理解し、疾病予防に役立ててることができます。

5つのアルコールタイプ

5つのアルコールタイプ
SNP
rs671
SNP
rs1229984
ALDH2<GG型>
活性型
ALDH2<AG型>
低活性型
ALDH2<AA型>
不活性型
ADH1B<GG型>
低活性型
Aタイプ 3.0%

お酒に強いが、アルコールが抜けにくいタイプ。アルコール依存症に最もなりやすい体質です

Cタイプ 1.6%

お酒が弱いなかでは、顔に出にくいタイプ。飲酒による食道がんのリスクが最も高い体質です

Eタイプ 6.2%

お酒をまったく飲めないタイプ。ごく少量のお酒でも、すぐに顔が赤くなり気持ち悪くなったりします

ADH1B<AG型>
活性型
Bタイプ 53.1%

お酒に強いので酒好きになりやすいタイプ。アルコールを速く分解するので、肝臓の病気に注意しましょう

Dタイプ 36.1%

お酒に弱く、すぐに顔が赤くなるタイプ。大球性貧血に特になりやすく、また食道がんのリスクも高い体質です

ADH1B<AA型>
高活性型


体質の特徴例

顔の赤くなりやすさ

高め

二日酔い

低め

アルコール依存症

やや低め

悪酔いしやすさ

高め

生活習慣・食事に関するアドバイス

生活習慣や、食事に関するアドバイスを多数ご覧いただけます。
体質にあった適度な飲酒を心がけ、上手にアルコールと付き合いましょう。

生活習慣・食事に関するアドバイス例

ジーンクエスト ALLをお申込いただくと、結果をご覧いただけます。

※解析技術の特性上、アルコールは 1/8の確率で結果が表示できない場合がございます。

ジーンクエスト ALL

ジーンクエスト ALL

300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツがわかるフルパッケージ版。
肥満の傾向やアルコール分解能力など、気になる体質もくわしくチェックできます。

¥32,780(税込)

このページの先頭へ