アルコール依存症
結果サンプル

ここでは、解析した遺伝子情報から「アルコール依存症」の結果が表示されます。
結果は、遺伝子型の組み合わせから2つのタイプに分類されます。それぞれのタイプの割合も表示されるため、日本人平均と比較も可能です。

[判別できるアルコール依存症2つのタイプ]

  • リスクが一般的なタイプ
  • リスクが低めのタイプ

アルコール依存症項目の結果例

結果例「リスクが低めのタイプ」

関連コンテンツ

アルコール依存症

アルコール依存症とは、一言であらわすと「仕事や家族などのように大切にすべきものがあるのに、それよりも、お酒を飲みたいという願望を優先している状態に陥ったこと」です。

飲酒習慣チェック(AUDIT)

健康に害をもたらすようなお酒の飲み方を早期に発見するためのスクリーニングテストです。WHOが作成したもので、世界で最もよく使われています。

未成年飲酒の恐ろしさ

「未成年者飲酒禁止法」という法律によって禁じられています。同時に、親は20歳未満の子供の飲酒を止めなくてはならない、また販売店や飲食店は、未成年者に酒類を売ったり、飲ませはいけないということが定められています。

生活習慣・食事に関するアドバイス

生活習慣や、食事に関するアドバイスを多数ご覧いただけます。
体質にあった適度な飲酒を心がけ、上手にアルコールと付き合いましょう。

生活習慣・食事に関するアドバイス例

「節度ある適度な飲酒」を
守る

「節度ある適度な飲酒」を守る
生活
習慣

節度ある適度な飲酒は心身のリラックスやコミュニケーションに役立ちますが、それ以上は病気などのリスクを伴います。適量で楽しむということが大切です。

ビタミンB1

ビタミンB1
食事

アルコールの代謝経路の様々な場面で消費されるビタミンです。このため、お酒を飲む習慣のある人は、意識してとるようにしましょう。

おすすめの食品
  • 豚肉
  • うなぎ
  • 玄米
  • 大豆

ジーンクエスト ALLをお申込いただくと、結果をご覧いただけます。

※解析技術の特性上、アルコールは 1/8の確率で結果が表示できない場合がございます。

ジーンクエスト ALL

ジーンクエスト ALL

300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツがわかるフルパッケージ版。
肥満の傾向やアルコール分解能力など、気になる体質もくわしくチェックできます。

¥32,780(税込)

このページの先頭へ