悪酔いしやすさ
結果サンプル

ここでは、解析した遺伝子情報から「悪酔いしやすさ」の結果が表示されます。
結果は、遺伝子型の組み合わせから3つのタイプに分類されます。それぞれのタイプの割合も表示されるため、日本人平均と比較も可能です。

[判別できる悪酔いしやすさ3つのタイプ]

  • 一般的なタイプ
  • 悪酔いしやすいタイプ
  • より悪酔いしやすいタイプ

悪酔いしやすさ項目の結果例

結果例「より悪酔いしやすいタイプ」

関連コンテンツ

アルコールと睡眠

睡眠には、心身の疲労を回復する働きがあります。健やかな睡眠があってこそ十分な休養をとることができるのです。この睡眠にもアルコールが密接に関わっています。

飲みすぎが引き起こす病気

アルコールによって影響を受けない臓器というのはありません。日常的な多量の飲酒は肝障害などの消化器疾患だけはなく、全身の臓器障害を引き起こします。また、がんや高血圧などの生活習慣病の危険因子にもなります。

あなたの健康を守る12の飲酒ルール

飲酒そのものは、決して悪いものではありません。ただ、「お酒と適切に付き合っていくこと」は求められます。その指針として厚生労働省は「健康を守るための12の飲酒ルール」を提案しています。

生活習慣・食事に関するアドバイス

生活習慣や、食事に関するアドバイスを多数ご覧いただけます。
体質にあった適度な飲酒を心がけ、上手にアルコールと付き合いましょう。

生活習慣・食事に関するアドバイス例

「節度ある適度な飲酒」を
守る

「節度ある適度な飲酒」を守る
生活
習慣

節度ある適度な飲酒は心身のリラックスやコミュニケーションに役立ちますが、それ以上は病気などのリスクを伴います。適量で楽しむということが大切です。

ビタミンB1

ビタミンB1
食事

アルコールの代謝経路の様々な場面で消費されるビタミンです。このため、お酒を飲む習慣のある人は、意識してとるようにしましょう。

おすすめの食品
  • 豚肉
  • うなぎ
  • 玄米
  • 大豆

ジーンクエスト ALLをお申込いただくと、結果をご覧いただけます。

※解析技術の特性上、アルコールは 1/8の確率で結果が表示できない場合がございます。

ジーンクエスト ALL

ジーンクエスト ALL

300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツがわかるフルパッケージ版。
肥満の傾向やアルコール分解能力など、気になる体質もくわしくチェックできます。

¥32,780(税込)

このページの先頭へ