アルコール・ハラスメントとは

アルコール・ハラスメントとは、「飲酒に関連した嫌がらせや迷惑行為、人権侵害」を指します。アルハラ(アルコール・ハラスメントの略)は、多くの場合、職場などのようにある程度強制力のあるところで行われます。上司や年上の人間が、自分の権力や威光を使い、飲酒における無理強いを部下や若年層に行うことが多いと考えられています。

一つでも当てはまるとアルハラです

特定非営利活動法人ASKおよびイッキ飲み防止連絡協議会において、以下の5項目を主要なアルハラとして定められています。一つでも当てはまっていたら、アルハラにあたります。身の回りに思い当たる場面はありませんか?

飲酒の強要

上下関係・部の伝統・集団によるはやしたて・罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むこと

イッキ飲ませ

場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争などをさせること

意図的な酔いつぶし

酔いつぶすことを意図して、飲み会を行なうことで、傷害行為にもあたる。ひどいケースでは吐くための袋やバケツ、「つぶれ部屋」を用意していることもある

飲めない人への配慮を欠くこと

本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱する、など

酔ったうえでの迷惑行為

酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為

アルハラのない楽しい飲み会を

楽しい宴会には、「飲み会主催者・参加者の責任5カ条」を心がけることが大切です。

アルハラをなくす

飲酒にまつわる嫌がらせ・人権侵害をしてはなりません。また、飲めない人への配慮として、ノンアルコール飲料を用意しましょう

吐く人を出さないこと

「吐けば大丈夫」という考え方は非常に危険であると認識し、限界以上に飲ませないよう心がけましょう。

酔いつぶれた人が出たら、介抱し、保護すること

決して放ったらかしにしてはいけません。救急医療に連絡するなどの対処をとってください。

急性アルコール中毒者への対処法

未成年者に飲酒させないこと

法律で禁止されています。20歳未満は身体が未発達なため、飲酒による影響が大きいということを忘れないでください

未成年飲酒の恐ろしさ

車を運転する予定の人に飲酒させないこと

飲酒した人はもちろん、勧めた人も法的に罰せられます。飲酒運転が惨劇を生み出すことを理解しましょう。

飲酒運転と法律

知っておきたい飲酒の教養

このページの先頭へ