体質

甘み摂取傾向

甘みである糖分の摂取量に関する項目です。

データの信頼性 2
アジア系集団での研究 なし

甘み摂取傾向とは?

食嗜好については、全ての動物が持っている「美味しい」「まずい」と判断する機構と、「美味しい」ものを好んで食べるようになったり「まずい」ものを避けたりするといった後天的な学習による機構の2つがあります。前者の機構に関しては遺伝的要素が、甘みや苦味などの味覚の感受性や脳の機能に影響を与える可能性があります。最近の研究で、GLUT2遺伝子が糖分の嗜好性に関係していることが報告されています。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
甘み摂取傾向の項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ