体質

親知らず

親知らずが1本以上形成されない可能性についての項目です。

データの信頼性 2
アジア系集団での研究 あり(日本人を含む)

親知らずとは?

親知らずは「智歯」「第三大臼歯」とも呼ばれ、一般的に10代後半から生え始めますが、昔はその頃には親は亡くなっており、生えたことを「親が知ることがない」ため「親知らず」と呼ばれます。
なお親知らずにかかわらず、永久歯は形成されない(形成不全)ことがままあり、10人に1人の子供が先天的に永久歯が足りないという報告もあります。

昭和大学をはじめとする研究グループにおいて、日本人及び韓国人集団を対象にして、口腔レントゲン写真と抜歯経験アンケートをもとに、親知らずの形成不全についてゲノムワイドに調査したところ、関連する遺伝子型が見出されました。

この項目では、親知らずが生まれつき形成されず、少なくとも1本以上が欠如する(歯肉にも埋まっていない)可能性について表示しております。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
親知らずの項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ