体質

AST値(肝機能の指標)

肝機能の指標となるAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)の血中量に関する項目です。

データの信頼性 3
アジア系集団での研究 あり(日本人を含む)

AST値(肝機能の指標)とは?

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)は肝臓機能の指標や心筋梗塞の診断に利用されています。検査機関によりますが、基準値は~30 U/L程度とされています。心臓、肝臓、骨格筋の細胞中に多く含まれる酵素で、細胞が破壊されたときに流出するため、心筋梗塞や、脂肪肝・肝炎・肝臓がんといった肝臓の障害などで上昇します。
※血液検査を受けられた際は検査機関の基準値をご参照ください。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
AST値(肝機能の指標)の項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ