体質

カフェインによる運動パフォーマンス向上

カフェインを摂取した際の運動パフォーマンス向上効果についての項目です。

データの信頼性 1
アジア系集団での研究 なし

カフェインによる運動パフォーマンス向上とは?

眠気覚ましや覚醒効果で広く知られる「カフェイン」は、運動パフォーマンスの向上を目的として摂取されるサプリメント、「エルゴジェニックエイド」としても認識されています。
カフェインは体内で鎮静作用のあるアデノシンの働きを阻害して神経を興奮させるため、疲労の緩和、気分の高揚、脂肪利用の上昇、持久力上昇、またその結果としての競技パフォーマンスの向上効果を期待して利用されます。

米国ジェームズ・マディソン大学の研究チームは、男性自転車競技選手35名を対象にサイクリング40kmのタイムトライアルを実施し、無水カフェインあるいはプラセボ剤を摂取した場合の効果の違いについて、特定の遺伝子多型に注目した評価を行いました。その結果、多くの被験者において競技タイムが1分程度早くなったのに対し、遺伝子型によっては競技タイムが4分近く早くなるなど、大幅な運動パフォーマンスの向上が認められました。

この項目では、カフェインを摂取した際の運動パフォーマンス向上効果の遺伝的な傾向について表示しております。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
カフェインによる運動パフォーマンス向上の項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ