体質

ニンジンの摂取頻度とBMI

ニンジンの摂取頻度とBMI(体格指数)の関係についての項目です。

データの信頼性 3
アジア系集団での研究 あり(日本人を含む)

ニンジンの摂取頻度とBMIとは?

ニンジンには、βカロテン、αカロテン、βクリプトキサンチンなどのカロテノイド系抗酸化物質が豊富に含まれています。カロテノイドは動脈硬化の予防や、細胞の老化、がん、糖尿病の抑制に対しても効果があると考えられているほか、BMI(体格指数)や肥満との関連も注目されています。

ジーンクエストと新潟大学の共同研究結果によると、総じて野菜を頻繁に摂取する人はBMIが低くやせ型の傾向にありましたが、なかでもニンジンを食べる頻度が高いほど、BMIが有意に低い傾向にある遺伝子型が見出されました。

この項目は、ジーンクエストの研究成果から、ニンジンの摂取頻度がBMI(体格指数)に影響する遺伝子型について表示しております。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
ニンジンの摂取頻度とBMIの項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ