体質

睡眠中の歯ぎしり

睡眠中に歯ぎしりをする傾向についての項目です。

データの信頼性 2
アジア系集団での研究 あり(日本人を含む)

睡眠中の歯ぎしりとは?

睡眠中の歯ぎしりは「睡眠時ブラキシズム」ともよばれ、睡眠中に歯と歯を音がするほどすり合わせたり(グラインディング)、強くかみしめたり(クレンチング)、動的にカチカチとかみ合わせたり(タッピング)する動作のことをいいます。習慣化すると歯がすり減るばかりか顎関節症や顔面痛、筋緊張による頭痛・肩こり等の症状が起こるほか、知覚過敏や歯周病を悪化させるともいわれています。

東京医科歯科大学の研究グループは、睡眠時の歯ぎしりがあると診断された群66人と対照群48人(日本人)を対象に、遺伝的要因、気質・性格等の心理的要因、アルコール・喫煙などの行動的要因との関連を調査しました。その結果、特定の遺伝子型について睡眠時の歯ぎしりリスク上昇と有意に関連することが見出されました。

この項目では、睡眠中に歯ぎしりをするリスク傾向について表示しています。


ジーンクエスト ALLで遺伝的傾向を調べてみませんか?

ジーンクエスト ALLの遺伝子解析では、
睡眠中の歯ぎしりの項目のほか、
300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツを知ることができます。
さらに、アルコール体質や肥満の傾向など、気になる体質もくわしくチェックできます。

データの信頼性とは

★★★★
当該項目に関して750人以上を対象としており独立した研究を2つ以上含む報告があるもの、または科学研究コミュニティーにおいてデータの信頼性が広く認められているもの。

★★★
当該項目に関して750人以上を対象とした試験による研究報告があるもの。

★★
当該項目に関して750人未満の小規模な試験による研究報告があるもの。


当該項目に関して100人未満の極めて小規模な試験による研究報告があるもの。

マークなし
当該項目に関して信頼できる研究報告が見つからず、さらなる研究・調査が必要であると考えられるもの。

アジア系集団での研究とは

研究対象が日本人以外である場合、結果が必ずしも日本人に当てはまるとは限りませんが、アジア人の場合は適応できる可能性が高いと考えられます。日本人以外のアジア人対象の研究(エビデンス)を含むかどうかを項目毎に示しています。

このページの先頭へ