遺伝子の調べ方

唾液には細胞が含まれており、細胞には細胞核があります。
細胞核には染色体が存在し、その中には細かく折りたたまれたDNAが収納されています。
遺伝子解析では、そのDNAを抽出し、塩基配列を調べていきます。

その塩基配列は、規則性をもって、
A(アデニン)G(グアニン)C(シトシン)T(チミン)の4つの塩基が配列されています。

ある生物を構成するDNAの全塩基配列のことをゲノムと呼びますが、
これは gene(遺伝子) + ome(総体) = genome (ゲノム)で遺伝子すべての総称です。
ヒトの場合、塩基対は32億対(データ量にすると750Mbyte)あります。

ヒトゲノムは2003年に完全に解読されています。
ヒトとチンパンジーのDNAの違いは僅か1%
ヒト同士のDNAの差(遺伝的個人差=SNP)は全体の約0.1%

検査結果の見方

このページの先頭へ