遺伝子多型とは

同じ種に属する生き物では、個々のDNA塩基配列はほとんど同じですが、わずかな違い(個体差)があります。
DNA塩基配列の個体差が、その種が属する集団内でまれにしかみられない場合と、比較的多く見られる場合(頻度:1%以上)があります。この比較的多くみられるタイプを「遺伝子多型(genetic polymorphism)」と呼びます。
遺伝子多型は、眼の色や髪の色といった人の見た目や、運動能力、お酒の強さなどの体質に影響します。

このページの先頭へ